広島の「有限会社 エミシア」が、リノベーション物件購入のメリットについてご説明します。

Contact

0120-331-307

営業時間:9:00~19:30
休業日:月曜日
〒733-0031 広島市西区観音町7-21

Mailでのお問い合わせはこちら

Merits of Renovation
Property Purchase
リノベーション物件購入のメリット

リノベーション物件購入のメリットとは

「新しい物件=良い物件」であるとはかぎりません。エコという観点から、最近では中古物件にも注目が集まってきています。こちらでは広島でリノベーション物件を多数お取り扱いしている「有限会社 エミシア」が、中古物件購入のメリットについてご説明します。

中古戸建や中古マンションは、ご自宅用として購入するのはもちろん、将来賃貸物件として運用できるメリットもあります。リノベーションを施せば物件の価値が高まり、投資対象としても魅力的です。リノベーション物件の購入にご興味のある方は、一度お問い合わせください。

賃貸物件としての運用メリット

賃貸物件としての運用メリット

リノベーション物件とは、中古物件の安さに、最新機能やデザイン性をリノベーションでプラスした物件です。新築よりも安く、デザイン的にもすぐれているので、お部屋を借りたい方にとって魅力的な物件であり、最近とくに人気が高まっています。

もちろん、オーナー側にとってもリノベーション物件はメリットがあります。一般的に古い物件の場合、賃貸料は新築に比べて抑えられてしまいますが、リノベーションによって機能やデザインを高められれば、賃料を周辺相場より高く設定することが可能になるのです。

借りたい人のニーズに合うオンリーワンのデザインであれば、周囲より多少高くでも人気を集め、空き室リスクも減らせることでしょう。新築物件のように内装がきれいで、高機能の設備を備えたリノベーション物件は、借主・貸主双方に理想的な住まいといえるのです。

リノベーション投資とは

リノベーション投資とは

新築物件の投資では、ライバルとなる他のオーナーとの差別化を工夫する余地がほとんどありません。それに対しリノベーション投資の場合には、物件に魅力を持たせられるかどうかは、オーナーさまの腕にかかってきます。

まずは物件の見極めが重要です。いくらリノベーションをしても駅からの距離、周辺環境や利便性、部屋の高さなどは自由には変えられません。だからこそ効果的なリノベーションが行えるような物件を見つけ出す目が必要になります。

「安くて手ごろ、駅からも近い、だけどきれいじゃない」
――そんな格安物件こそ、リノベーションに最適かもしれません。外から見ると魅力に乏しい古い物件でも、リノベーションによってデザインや間取りなどを変更することで、周辺の物件よりも価値を高めて、差別化をはかることが可能です。

リノベーションでは、入居者のニーズに応えられるように、間取りや水回りの変更を行い、建物の本来の性能以上の魅力を引き出していきます。これによって、古い物件を人気物件に生まれ変わらせることができるのです。

物件の購入時の費用とリノベーション費用を合わせても、新築物件を購入するのに比べてコストダウンをはかることが可能です。不動産投資初心者の方こそ、リノベーション投資を検討してみてはいかがでしょうか?

賃貸向けリノベーションのポイントとは

賃貸向けリノベーションのポイントとは

自分のためのリノベーションであれば、大胆なデザインや、自分にとっての便利な機能を備えた住居にすればよいでしょう。しかし、賃貸が前提となると、それでは借り手がつかないかもしれません。ひとりよがりのリノベーションだと、かえって敬遠されることもあるのです。

このため、ターゲットとなる層の要望を踏まえたリノベーションが必要になります。今どんなライフスタイルが好まれて、どのようなデザインや間取りが人気なのか、地域ならではのニーズはあるのかなど、専門家からアドバイスをもらうとよいでしょう。

リノベーションのメリットを活かす物件選び

リノベーションのメリットを活かす物件選び

効果的なリノベーションを行うためには、リノベーションに適した物件選びがポイントとなります。とくにマンションの場合には、リノベーションできる部分とできない部分がありますので、あらかじめ管理規約をチェックしておきましょう。

たとえばマンションの窓は共有部分のため、新しく窓をつくったり、窓の素材を変えたりすることはできません。日当たりや通風などをチェックしておく必要があります。なお、窓の内側に内窓を設置して、結露防止や断熱性能を加えることは可能です。

その他、天井の高さや水回りの位置なども、大幅な変更が難しい部分です。どこまで変えられるのか、変えるとしたらどれくらいのコストがかかりそうか、しっかりチェックしておきましょう。いずれにせよ、投資という観点から、入居者に魅力のあるリノベーションの検討が必要です。

to top